ワーキングホリデーの基礎知識からおすすめの渡航先まで、これからワーホリを成功させたい方必読の情報を掲載しています。

ワーキングホリデーを成功させるサイト

ワーキングホリデーを成功させるサイト TOP

ワーキングホリデー(ワーホリ)とは、最長1年の限度内で、アルバイトなどの就労をしながら、長期間滞在する制度のことです。
自分で目標と計画を立て、全て自分で行動する長期の海外旅行といえるでしょう。

1980年にワーキングホリデー制度ができて以来、日本では約30万人以上がこの制度を利用して渡航しています。ただし、渡航先の国(海外)と日本との協定に従う必要があり、ワーキングホリデービザであれば、滞在費を補うために仕事をすることが可能です。観光目的のビザや、留学のための就学ビザでは、原則アルバイトをすることはできません。(2006年までの実績)。

 現在、ワーキングホリデー(ワーホリ)制度が実施されているのは、8ヵ国です。2006年の例をあげると、日本からは約2万人が渡航し、海外からは約6000人が来訪しています。
ちなみに、ワーキングホリデーの対象国(渡航先)となっている8ヶ国は、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランドです。

 ワーホリの本来の目的は、渡航先の国に滞在することで、文化や習慣、生活様式など体験しながら友好関係を築き、国際理解を深めるということです。最長1年もの長期間滞在し、相手国の人々と交流を図ることで、自分に付加価値をつけることができるでしょう。

 一番の問題は、渡航先をどの国にするのか、ということです。そして、そこで何をして、どのように過ごすのか、ということ。具体的なところまで全て自分で決めて、準備し、行動することになります。
そのため、もちろん事前にしっかり準備をし、目的をもって、確実に行動することが必要です。意思をしっかりと持ち、積極的に行動することが、有意義なワーキングホリデーになる鍵となるでしょう


 

ワーキングホリデーの目的は?

ワーキングホリデー(ワーホリ)の大きな目的は、最大1年間という長期間最大1年間、相手国に滞在し、多くの人々とかかわりながら、友好関係をつくったり、国際感覚を身につけたりすることです。ただし、個人個人に於いては、もっと具体的な目的があるはずです。その個人の目的をしっかりと果たしてくることが大切ですね。

個人の目的には、次のようなことが考えられます。

1. 語学力をつけたい。
2. 海外でしか経験できないアルバイトやボランティア活動をしたい
3. 自分に磨きをかけたい。
4. 海外の生活で、様々な体験をしたい。
5. 海外で免許や資格を取得したい。
6. 外国人の友人がたくさい欲しい。
7. 自分自身を変えたい。
8. さまざまな体験をして、将来に活かしたい。
9. 長期間海外で旅行がしたい。
10. スポーツを楽しみたい。

ざっとあげても、これだけのものがあります。ワーホリの目的は人それぞれですね。
若さと時間を活用し、さまざまな人と出会い、貴重な経験ができるワーホリで、自分の目的を思う存分果たしましょう。


 

ワーホリ期間を有意義に過ごそう!

このように、ワーキングホリデーの目的は、十人十色で、複数あってもいいですし、とにかくただ単に海外で過ごしてみたい!という人もいるかもしれませんね。

とりあえず行ってから考えよう、ということでも、もちろん渡航することはできますが、できるだけ、自分の中で、より具体的なプランをつくり、イメージをつくっていった方が、有効的に活動できます。1年というのは、長いようであっという間です。行くならその時間を無駄にしないほうがいいですね。目的の明確化が、あなたのワーホリを充実なものにしてくれるはずです。

そこで、目的に応じた準備をしっかりとすることをおすすめします。
渡航するまでに、いつ、何をして、何を準備するのか、ということを早めに考えておくことが大切です。行く直前も、いってからも慌てることはなくなるでしょう。
ワーホリ期間を十分に楽しんでこられるように、さまざまな情報を収集し、準備にとりかかりましょう。


PageTop