ワーホリでの就労先は?

ワーホリでの就労先は?

ワーホリでの就労先は?

まず、ワーキングホリデー(ワーホリ)での就労先はどうやって決めたらよいのでしょうか。

日本人向けのWEBサイトを見て探すのが最も一般的です。たとえば、オーストラリア生活情報WEB「クラシファイド」や「チアーズ」などの求人欄を見て探すとよいでしょう。
その他にもいろいろなWEBサイトがあるので、一度見てみるとよいですね。
また、現地が発行する日本語新聞や、雑誌に載っている求人広告からも情報が得られます。その他、ワーキングホリデー向けの「情報センター」にも、求人の張り紙があります。

次に、主な就労場所についてご紹介します。

【日本食レストラン】
ワーキングホリデーでの仕事の募集が一番多いのは、日本食レストランであるといえます。職種は、ウエイター、ウエイトレス、キッチン。語学力に自信がない人、特別なスキルがない人にはおすすめです。経験を問わず、仕事をすることができるからです。就労時間はだいたい1日5~8時間。気になる賃金は、皿洗いの場合は、時給8~10ドル程度。レストランの場合、食事がつくことが多く、給料をもらう上に食事代がいらないというメリットがあります。日本食レストランといっても、客は現地の人が多いので、十分語学の勉強になるでしょう。

【ガイド】
現地のツアーガイド、通訳などの仕事も人気がありますが、ある程度の語学力が必要でしょう。収入は、日本円で月に約15万円から20万円以上になるので、高給の職種といえます。ただし、求人数は多くはありません。

【土産物店】
シフトでの勤務が多く、時給で8~10ドル程度でしょう。
日本人観光客への対応やその他の国のお客様への英語での対応が仕事となります。

このように、直接英語力がさほど活かせる仕事でなくても、現地の人と触れ合える接客業であれば、生きた語学が学べるでしょう。

PageTop